HP「パーフェクトあいづ」はこちら>>
あいづふるさと市町村圏協議会について
設立年月日
 平成8年1月23日
設立目的
 自治省(現:総務省)が平成元年から多極分散型の国土形成を促進するため、 また、創造性と多様性に富んだ地域社会づくりを進めるため、「ふるさと市町村圏」の 選定をしていたことから、会津地方でも、『会津はひとつ』の理念のもと、 3広域圏(会津若松地方広域市町村圏整備組合、喜多方地方広域市町村圏組合、 南会津地方広域市町村圏組合)内の28市町村(当時)で、平成7年に 「ふるさと市町村圏」として福島県知事から選定を受け、会津地方の地域づくりや 活性化を目的としたソフト事業を展開するための「あいづふるさと基金」を造成し、 基金の果実を運用する母体として、あいづふるさと市町村圏協議会が設立されました。
構成市町村
1.会津若松市 2.喜多方市 3.下郷町 4.檜枝岐村 5.只見町 6.南会津町
7.北塩原村 8.西会津町 9.磐梯町 10.猪苗代町 11.会津坂下町 12.湯川村
13.柳津町 14.三島町 15.金山町 16.昭和村 17.会津美里町
ホームページ 「パーフェクトあいづ」 (http://www.aizu-furusato.com/
あいづふるさと市町村圏協議会 規約 : 詳細はこちら
あいづふるさと市町村圏協議会 会員名簿 : 詳細はこちら
平成27年度事業計画 : 詳細はこちら
活動の展開方向 主たる事業
1.地域資源の活用・PR (1)あいづイメージアップ作戦事業
 @駅カフェ発・自慢できる会津発信事業
 Aホームページ「パーフェクトあいづ」の運営
 B瓦燈貸し出し事業
    「瓦燈使用申請書」はこちら
 
(2)地域資源活用事業
 @会津地域経済循環推進協議会への支援
 A会津の温泉応援事業
 
(3)観光物産振興事業
 @復興のための観光物販キャンペーン等への支援
 Aふるさとイベント事業補助金
  ・ふるさとイベント事業補助金要綱
2.文化の創造・発信 (4)地域密着型情報誌発行事業
 @会津ものづくりマガジンI’s(あいづ)発行
3.まちづくりネットワーク (5)地域づくり・地域おこし応援事業
 @地域づくり応援事業
   ・地域づくり応援事業要綱
   ・地域づくり応援事業事務取扱
 A地域おこし団体交流事業への支援
その他関連事業  ・広域観光キャンペーン事業
 ・あいづふるさと暮らし支援事業
あいづふるさと基金とは
 会津地方の地域づくりや地域活性化を目的に、 会津管内の人材育成、地域間交流、教養文化活動等のソフト事業を継続的に実施するため、 平成7・8年度に会津の28市町村(当時)の出資金及び県補助金をあわせた30億円を原資として造成された基金です。
   【内訳】
(単位:千円)
広域圏名 構成市町村
(人口割100%)
県補助金 合   計
会津若松地方広域圏 1,871,240 133,660 2,004,900
喜多方地方広域圏 613,200 43,800 657,000
南会津地方広域圏 315,560 22,540 338,100
合  計 2,800,000 200,000 3,000,000
 あいづふるさと市町村圏協議会
 〒 965-0037 福島県会津若松市中央三丁目10番12号
 TEL:0242-24-6312