会津若松地方土地開発公社について  土地開発公社とは
1. 設立年月日
 昭和48年9月3日
2. 設立目的
 公社は、行政施策の遂行上必要な公共用地、公用地等の取得、管理、処分等を行うことにより、地域の秩序ある整備と調和のとれた開発行政の推進に寄与し、もって住民福祉の増進に資することを目的としています。
3. 根拠法
 公有地の拡大の推進に関する法律(昭和47年法律第66号)
4. 設立団体
 土地開発公社には、一地方公共団体が単独で設立したものと複数の地方公共団体が共同で設立したものがあります。
  当会津若松地方土地開発公社は、10市町村が共同で設立した土地開発公社で、構成市町村単位 で事業所が組織されており、それぞれの事業所ごとに独立採算で運営しています。
 
1.
会津若松市
2.
磐梯町
3.
猪苗代町
4.
会津坂下町
5.
湯川村
6.
柳津町
7.
会津美里町
8.
三島町
9.
金山町
10.
昭和村
5. 土地開発公社の業務内容:詳細はこちら
6. 役員構成:詳細はこちら
7. 会津若松地方土地開発公社定款:詳細はこちら
8. 平成28年度事業計画・予算書の概要:詳細はこちら
9. 平成27年度決算書の概要:詳細はこちら