組合の紹介組合の仕事資料・情報・統計構成市町村総合案内
トップページ>新たな施設整備について
新たな施設整備について
  1. 施設整備の方針について

     整備組合では、現在、会津若松市神指町で運転している廃棄物処理施設(し尿処理施設、ごみ焼却処理施設、ごみ破砕処理施設、リサイクルセンター)の点検・修繕等を計画的に実施しながら、安定的な処理の確保に努めています。
     しかし、これらの施設は、稼働開始から長年が経過し老朽化が進んでいることから、現有敷地において建替える方針を決定し、施設整備に向けた事務を進めているところです。

  2. 今後の事務事業について

     当面、廃棄物処理施設の建設に向けて、用地の測量、地質調査、環境影響評価等(生活環境影響調査を含む)、基本計画策定(PFI導入可能性調査を含む)等の事務事業を進めていきます。
     新たな施設が稼働開始するまでの主なスケジュールは、以下のとおりです。

    年 度 事   務   事   業
    26 測量地質調査 施設整備基本計画策定 生活環境影響調査
    環境影響評価
    27
    28 ※施設整備基本計画及び生活環境影響調査の結果に基づき、し尿処理施設の建設事務を進める。
    29
    30
    31
    34
    39
    新たなし尿処理施設の稼働開始
    新たなごみ焼却施設の稼働開始
    新たなごみ破砕処理施設・リサイクルセンターの稼働開始
  3. 施設整備に係る基本計画について

     施設整備に係る基本計画については、圏域住民及び学識経験者からの幅広い意見を取り入れながら「施設整備基本計画検討委員会」において策定され、平成28年6月に管理者に答申されました。
     今後はこの基本計画をもとに、新たなし尿処理施設、ごみ焼却施設、ごみ破砕処理施設・リサイクルセンターの整備を進めていきます。

  4. 新たなし尿処理施設の整備について

     新たなし尿処理施設については、策定された基本計画を反映した施設の設計・建設と運転管理を行う事業者を選定するにあたって「事業者選定委員会」を設置し、学識経験者などの専門的な意見を取り入れながら事務を進めていきます。

問い合わせ先

 会津若松地方広域市町村圏整備組合 環境センター 施設整備室 TEL:0242−27−9004

 

トップページ お問合せ