環境影響評価準備書について

組合の紹介組合の仕事資料・情報・統計構成市町村総合案内
トップページ>環境影響評価について>準備書の作成及び説明会の開催について
準備書の作成及び説明会の開催について
     福島県環境影響評価条例(平成10年12月22日福島県条例第64号)に基づき「新ごみ焼却施設整備事業に係る環境影響評価準備書」を作成しましたので公表いたします。 また、準備書の記載事項についての説明会を開催いたします。

    1.事業の概要

     準備書の事業概要は、以下のとおりです。

    事業者の名称 会津若松地方広域市町村圏整備組合
    代表者の氏名 管理者 室井 照平
    主たる事業所の所在地 福島県会津若松市中央三丁目10番12号
    対象事業の名称 新ごみ焼却施設整備事業
    対象事業の種類 ごみ焼却施設の設置事業
    対象事業の規模 焼却能力 220t/日(24時間)
    対象事業の実施区域 福島県会津若松市神指町大字南四合字才ノ神504番地外
    影響を受ける範囲 会津若松市

    2.縦覧の方法

     以下のとおり準備書及び準備書(要約版)を縦覧しています。なお、縦覧期間中、電子縦覧しています。

    縦覧の場所 1. 会津若松地方広域市町村圏整備組合 環境センター
    2. 福島県生活環境部環境共生課(福島市杉妻町2番16号西庁舎8階)
    3. 会津若松市役所市民部環境生活課(会津若松市栄町5番17号栄町第二庁舎)
    縦覧の期間 平成30年7月3日(火)から平成30年8月3日(金)まで
    縦覧の時間 午前8時30分から午後5時15分まで(閉庁日は除く。)
    電子縦覧 ※準備書の縦覧は終了いたしました。

    3.意見書の提出方法

     準備書について、環境の保全の見地からの意見を書面により提出することができます。詳細については以下のとおりです。

    意見書の記載事項 1.氏名若しくは法人名・団体名及び代表者の氏名
    2.住所若しくは主たる事務所の所在地
    3.提出の対象である準備書の名称
    4.環境保全の見地からの意見
    (日本語により意見の理由も含めて記載してください。)
    PDF意見書の様式
    意見の提出場所 1. 縦覧の場所に設置した意見書投入箱に投函
    2. 郵送
      郵送先 〒965-0858
      会津若松市神指町大字南四合字深川西292番地2
      会津若松地方広域市町村圏整備組合 環境センター
    意見の提出期限 平成30年8月17日(金)まで※郵送の場合は、当日消印有効
    意見の受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(閉庁日は除く。)

    4.説明会の開催

     準備書の記載事項についての説明会を以下のとおり開催いたします。

    開催日時 平成30年7月14日(土)午後1時から
    開催場所 会津若松地方広域市町村圏整備組合 環境センター(2F 大会議室)
    住所 会津若松市神指町大字南四合字深川西292番地2

    5.問い合わせ先

     会津若松地方広域市町村圏整備組合 環境センター 施設整備室 TEL : 0242-27-9004
トップページ お問合せ